100年に一度の津波の09年に過去最高収益を目指す vol.22|パチンコ・ホール経営コンサルティング

パチンコ コンサル オールウィン パチンコ・ホール経営コンサルティング 大山清光 パチンコビジネス再生コラム パチンコ経営のV字回復グラフ
お問い合わせ・ご相談
TEL:03-6225-5536

成功事例コンサルティング料金体系物件募集物件オーナー・投資家募集会社概要
パチンコビジネス再生
パチンコビジネス再生

100年に一度の津波の09年に過去最高収益を目指す vol.22

※現在、ホームページリニューアルに伴い、以前執筆した物(今回は、09年1月10日
掲載分)を、順次、更新させて頂いております(1年半前ですので、今から見ると気恥
ずかしい部分が多々あります(笑))


 新年明けましておめでとう御座います。

 昨年はこのコラムを通して多くの出会いを頂き感謝申し上げると共に、メールやお
電話等でもご感想を多々頂きました。

改めて多くの読者がいることに襟を正し、片手間な内容ではなく、ホール企業様に最
も利益ある情報提供を目指していく所存ですので、今年も宜しくお願いします。

さて、新年早々、「また大山が太いこと言い出してから…」と失笑される方もおられ
るかも知れないが、連発機禁止以来の厳しさと言われるパチンコ業界や、100年に一
度の津波と言われる世界経済だが、小島よしおではないが、正に「そんなの関係
ねー」だ。

そもそも、少し冷静になって考えてみれば分かるが、一般のホール企業からしたら、
遊技台の射幸性や、世界経済など、動かしようのない現実である。

そんなことに悩んだりする時間があれば、自社や自分で現実的に変えられることをト
コトンやりつくした方が、よっぽど得である。

極めて、当たり前の話しに過ぎないが、この観念や発想の時点で、今年、否、将来に
渡っての業績には天地ほどの違いが出てしまう。

私が知る限り、「今年を過去最高収益の年にする」と宣言若しくは語っている業界関
係者は3人しかいない。

確かに、5号機へ移行してからの1年間は、機械代もかさみ、減収減益でもやむを得な
かった部分もある。

しかし、5号機へ完全に移行して1年以上たった今年は、「機械代うんぬん」は理由に
ならないし、まして5号機や世界経済などと言い出したら、いったい後、何年、減益
を続ける積りだろう。

恐らく、大半の中小零細企業は、そのような発想では、会社が無くなってしまうだろ
う。

「では、過去最高収益の具体的方法はあるのか?」と問われれば、「大あり」と声を
大にして答えたい。

全部はつまびらかには出来ないが、営業利益を月額台当り2万円程度(最低1万円〜最
大5万円の実績)の改善する事業の構造改革(以下リストラクチャー)だけではな
く、業界誌やセミナーやこのコラムでも、まったく触れていない、しかし大手企業で
も、あるケースでは2〜3年(最長でも5年程)程度で今の売上と営業利益やキャッ
シュフローを倍増させるノウハウが弊社にはある。

既に、数十店舗を経営されている数社を始め、幾つかの企業から、「事業のリストラ
クチャーで営業利益の改善だけでなく、2〜3年程度で利益を倍増させる方向性で全面
的にサポートしてもらいたい」との依頼を受け、既にスタートしている。

過去最高収益についての方法はこれだけではない。

弊社はホール企業様が費用対効果の取れないミクロマネジメント(大勢に影響のない
細かなこと)はお受けできないが、利益を大幅に改善させる骨太の利益改善策は、ま
だ幾つかある。

その一つは、同一企業であれば、営業モデルもえてして同じ傾向になりがちだが、自
社各店舗毎の商圏内の他店の営業モデルを精査し、弊社が考案した5つほどの営業モ
デルから、収益最大化の見地から最も競合の少ないものを選択する事である。

このノウハウに関しても、数十店舗を保有する企業のオーナーから、「全ての店舗を
金太郎飴(日毎、曜日毎のイベント、新台入れて、接客に注力し、出します的なチラ
シを打つ営業)から、収益最大化のモデルに変えて下さい」との依頼を受けたばかり
だ。

まだある。

それは、結局は何だかんだ言っても、「稼動重視」の事業モデルから、「収益最重要
視(暴利をむさぼるのではなく、むしろ粗利率は下げ、適正な出玉還元は行いなが
ら)」の事業モデルに抜本的に見直すことである。

私の拙い経験則では、稼動を追っているうちは、中々稼動が上がらなかった。

むしろ、中長期での利益最大化へ発想転換してからの方が、稼動が上がりやすくなっ
たし、儲かっていれば、稼動も金(粗利ダウンや入替その他で)で買えるのである。

まだ、まだある。

しかし、キリが無いし、上記のことをやるだけでも、結構忙しくなるであろうし、十
二分に収益性はアップするので、これくらいにしておこう。

「言うことは分かった!でも、実際できるの?」との声が聞こえてきそうである。

では、この「コラムを見た」と言って、今(1月10日)から2月末までにコンサルティ
ング契約をした企業様には、3ヶ月で営業利益が改善しなかった場合には、コンサル
ティング料金を全額返金致しましょう(契約書に一文盛り込みます)

恐らく、このようなパチンコのコンサルティング企業はないと思うが、自身の今年の
目標の一つに、「最も多くの店舗と企業の収益改善したコンサルタントになる」との
目標を掲げた以上、それを実行に移す一環である。

ホール企業様の声を聞くと、パチンコに関してのコンサルティングへは、現在では冷
めた目で見ている方が多く、事実、「コンサルを導入したが、何も改善しなかった」
との声も多い。

また、この契約であれば企業様にとってもリスクは無くなるし、弊社にとっても営業
利益が改善しないケースは、ほぼ無い(下らない理由なので割愛する)為、双方共に
メリットがある契約といえる。

無論、弊社より収益性を高めてくれそうなコンサルタントの方がおられれば、そちら
の方を活用した方が良いし、そのような人材がおられれば採用した方が良いのは言う
までも無い。

しかし、自社で抜本的な収益性を高めるノウハウが無い場合は、外から引っ張ってく
るしかなく、ノウハウが無く、収益性を高めてくれる外部も活用しないのでは、派遣
切りに代表されるように、大量の失業者が出ている現実では、数年に渡って減収減益
は決定したも同然であろう。

私の周囲には、100年に一度の津波を飛び越えていくと言う方もおられれば、波乗り
を楽しむと言う方もいるが、私達だけでも明るく嬉しい2009年にしていきましょう!


追伸 以下、弊社が現時点で注力しているサービスです(※ここから、10年6月24日
現在です)

・債権カットしない企業再生
・店舗のセール&リースバック(日本全国可能)
・遊技場企業と既存店の収益体制の構築(実績例:http://allw.jp/gragh.html)
・遊技機を長期支払いサイトで購入可能な業者のご紹介
・建物と営業設備を最長60回での資金調達(新築及び改装も長期で可能)
・運転、設備投資資金の調達支援
・投資回収3年以内で可能な物件のご紹介
・遊技台の費用対効果最大化の選定支援(弊社開発の遊技台ROIを活用して)

上記に関してのお問い合わせは下記までお気軽にご連絡下さいませ(詳細はホーム
ページをご覧下さいhttp://allw.jp/)

 TEL 03-6225-5536
E−mail info@allw.jp
私、大山まで直接どうぞ


コラム「存続と成長」 不定期で好評配信中!

執筆者 オールウィン代表 大山清光 

ご意見、ご感想、お問い合わせは、

株式会社オールウィン 
E−Mail  info@allw.jp 
TEL 03−6225−5536
FAX 03−6225−3177
担当 代表 大山



ページの先頭へ戻る